「アリエッティのひろば」は、宮城県の石巻市にある女性を応援するひろばです。

アリエッティの会は東日本大震災によってできた石巻市開成の仮設住宅団地の集会所を中心とした子育てひろば「アリエッティのひろば」開設からスタート。子育て世代がひろばで出会う事にって友達作りや情報交換をして互いにつながれる関係性を築けるようサポートしてきました。

30年度からはママの為の時間を提供する目的に方向転換をし、もう少し頑張る予定です。

ママがママの為に作るひろばを月に二回程度「NPO法人まちの寄り合い所・うめばたけ」で開催予定。ひろばについての詳しい情報はブログフェイスブックをご確認下さいませ。

1. ママがママの為に作る

 

子どもが幼稚園へ行くようになるのは助かるけど、今度はその間の時間何をして良いか分からなくなる。周囲が働き出す事で自分だけ社会から取り残されているような気持になるが、子育てと仕事を両立出来るような状態ではない・・・。そうしてもやもやしたり自信を失っているママ達がたくさんいます。アリエッティは、ママ達が自分のやりたい事をする場所、もしくは実現する為の行動をしたり、次へのステップを作れるような場所にしたいです。仕事未満趣味以上で少しずつ社会と接してゆくうちに、今の自分がやりたい事や向いている事が見つかれば嬉しいです。子どもの問題は親の問題。親が充実して気持ちに余裕が出来れば子供と向き合う気持ちもきっと変わります。子育てひろばを卒業したら、次は自分育ての時間です。

2.新しい石巻のスタイルを作る

 

 

震災から7年経ち、震災後にもたくさんの子が生まれ、新しい町並みや新しい場所が作られました。支援してもらう立場から一段階進んだ石巻のスタイルを内側から作れればもっともっと進めます。お金と力が少なくても、地元だから出来る事を探して少しずつ無理せずに、出来る事から作ってゆけばいいと思います。それを周囲の大人と一緒に作ってゆけたらもっと素敵です。